新型コロナウイルスの影響下における団体交渉・労使協議のポイント

 新型コロナウイルスの感染拡大防止により、これまでのような対面での労働組合との交渉・協議が難しく、対応について悩まれている企業もあるかと思われます。
 今回は、労働条件の変更や感染拡大防止のための措置などについて、円滑に交渉・協議を行っていくポイントについて解説いただきます。

講 師
  平越 格 弁護士 (経営法曹会議会員、第一芙蓉法律事務所)

内 容

 ・団体交渉において「会見し、協議する義務」は存在するのか
 ・リモート交渉において「誠実交渉義務」をどのように果たすか
 ・オンライン会議システムを活用する際の注意点
 ・労働条件の変更等を行う際の留意点
 ・合同労組の対応に関する留意点    など  

日 時
  2020年7月2日(木) 13:30~14:30

 ツール
  ZOOMによるオンラインセミナー

定 員
  50名(先着順)

参加費
  会員:無料  

お問合せ
  (一社)東京経営者協会 経営支援事業部 秋山、礒村、高橋
   電話:03-3213-4700㈹
  パンフレットはこちら

お申込み
  画面下の「申込」からお申し込みください。お申込み後、担当より詳細案内をメールにてお送りいたします。
  ※ZOOMの使用ができない方は事務局までご相談ください。