「労働基準監督官による36協定等の実務解説」
 

 労働基準法の改正により、時間外労働の上限規制が設けられ、36協定も新たな様式となりました。今回は、新しい36協定の記入方法をはじめ、改正法にかかわる実務対応につきまして、あらためて東京労働局の労働基準監督官に詳しく解説していただきます。
 日頃から疑問に感じている点なども自由に質問できる絶好の機会ですので、ぜひご参加ください。

日 時  2020年11月26日(木) 15:00~17:00

講 師  東京労働局労働基準部監督課 地方労働基準監察監督官 木村恭巳 氏

内  容 ①改正労働基準法の実務対応

                      ②労働時間の基本的考え方

                      ③36協定とは何か

                      ④36協定の書式の解説と記入上の留意点

                      ⑤適正な従業員代表の選出方法

                      ⑥質疑応答 など
          ※事前質問は11月12日(木)まで受け付けます

開催方法  Zoomによるオンラインセミナー

定  員  30名(先着順・会員限定・無料)
 

お申込み 画面下の「会員申込」からお申し込みください。質問は「その他コメント」欄にご記入ください

 本件照会先 (一社)東京経営者協会 人材開発事業部 山下、羽入田
  電話:03-3213-4700㈹ パンフレットはこちら

※ZoomミーティングのURL等は開催日前日までに、メールにてお送りしますので、メールアドレスはお間違えのないようお願いします。